ブログ

自分で読めるようになる「西洋占星術」講座、始めました

投稿日:

Pocket

この土曜日は初めての占星術講座を開催させていただきました。

占星術講座を開いて欲しい、という要望をお聞きしたのが3月で、そこからテキスト作り始めて第一回講座の2日前に無事完成、この土曜日にいつもお世話になっているヒーリングと天然石のがね亭にて開講致しました。

 

まずは出生図(ネイタルチャート)を読む所から始めましょう、ということで天体やハウス、サインと言った占星術の各要素のイメージを、実際にチャートを読む際にどう扱うか、私なりのやり方でお伝えしてみました。

 

1時間半、がっつり語りました(*^-^*)

おかげさまで面白かった、他とはちょっと違う解釈を聞けた~とおっしゃっていただいたので、まずはホッとしました…内心ドキドキしていたので(笑)嬉しかったです。

 

とはいえ、講座は始まったばかりでして、しばらくはクローズドというかテキスト作成がてらのモニターとして一巡り、やろうと思っています。

2期からはオープンで、また、今回は占星術の基礎をある程度学ばれた方向けになっているので、全くの初心者の方向けのゼロクラスも思案中です。

 

私の読み方は要素の基礎を押さえたら後は、ホロスコープを見てパッと重要な要素を掴んでしまおうという実践的なものを目標としていますので、実際に知識は学んだけれどいざリーディングってどうしたらいいの?という方にぜひ試して戴きたいし、息をするように星読みができるようになれば、毎日の生活で占星術の知恵を活用していただけるようになると信じて進めていこうと思っています。

 

奇しくも初回開講日が水星が順行に戻る前、そして牡羊座新月の前でもあるという…これもご縁でしょうか。牡羊座の新月という一年のスタートを切る時、そして知識の伝達にも関連する天体・水星が前に進みだすタイミングであった事に、偶然ではなくこの世は必然であることを改めて思い知らされたような気がします…占星術師としては、本当ならイレクション*1でもすべき所かもしれません(苦笑)が、なにもかも意図して叶うものでもないでしょうし、むしろ自然の流れが招いてくれていると感じて、有難く受け入れていこう、そんな気持ちです。

*1イレクションは占星術で時期を読む技術のことです。

 

今期はそんなわけでクローズドで少人数で行くつもりですが、ご興味があれば枠の拡大も考えますのでまずは「自分も入れろ!(笑)」と声を上げてください。

またここでも星読みの楽しさ、自分で読むメリットなどをご紹介していきますのでまた読んでみてくださいね。

 

{D828CA9B-F7E8-48F6-9914-E5849CD4771D}

 

 

 

-ブログ

Copyright© Salon de fortuna , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.