ブログ

自分のものさしは自分に当てる

投稿日:

Pocket

例えば自分は携帯ゲームをする人だとする。

つい、はまり込んで課金したり時間を忘れてしまった。

そして、とうとう生活に支障が出たのでやめた、という経験があるとする。

そういう人は携帯ゲーム=やっちゃいけないもの、と言う認識になる。

でも、それって、「その人にとっては」だよねえ。

そういう人は他の人に対しても「携帯ゲーム?だめよ、あんなの時間泥棒なんだから」とか「お金ばっかりかかるよ、やめた方がいい」とか言う。

相手が、きちんと使う金額を決めてるかもしれない、とか、どんなに夢中でも時計は常に意識してて子供のお迎えや夕食の支度はきちんとする人だということに考えが至らない。

つまり、「自分のものさしは自分のもの」だってこと。

それを他人に当てると、「余計なお世話」になっちゃいます。

気をつけよう。

-ブログ

Copyright© Salon de fortuna , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.