スピリチュアル

香りでチャクラを癒し、人生を開く術(すべ)-その2- アロマリーディング

投稿日:

Pocket

アロマテラピー

前回の記事はこちら▼
http://ameblo.jp/fuu-maple8/entry-11121749491.html

 

今回の東京行きは、実はこの時から決まっていたのかも?

初めてうかがった際に、初回特典としていただいた「アロマエンライトメント ダイアモンド150分コース」の半額優待券。

これの期限が2月末で、行きたいなー使いたいなーせっかく半額だもんなー時間たっぷりだもんなーと悶々としていたのでした。

90分でもものすごく気持ちよくて、癒されたのでもっと長く受けたらどうなることか(爆)と。

そしたらワークショップのことを知り、よっしゃ、これと絡めれば言い訳が立つ(誰にだ・爆)。

だから3日前にワークショップキャンセルの連絡があった時も、「あ、そうですか~」みたいな感じで。

もう、行く気満々でしたから(汗)
ワークショップも興味深いものでしたから、次回はぜひ行きたいと思いますが、今回も後悔はしていません。
…反省はちょっとあるけど

アロマエンライトメントとは、アロマテラピストの原田瞳さんが考案された施術のメソッドで、


アロマ精油のスピリチュアルな波動特性や心理作用を活かし、「本当の自分らしさ、幸せな生き方」を目覚めさせてゆく、スピリチュアルアロマのリーディング&ヒーリングテクニックです。
 (HPより引用)

…とのことですが、私がこれを知ったのは「香りでナチュラルアセンション」の本を読んだことから。

前回のブログにもあるとおり、香りによる心身へのアプローチを考えていたところ、雑誌「チャクラ」で記事を書かれていた原田さんを知りました。
一番興味を惹かれたのがアロマリーディングで、たくさん並べられたエッセンシャルオイルを4つ選べば、その時の自分の心理や体の状態がわかるというところ。

オーラソーマなどもそうですが直感で選ぶものは私得意(無意識のほうが私の場合は正しいことが多いのです。…無駄な頭脳してます・爆)
なのです。 

オーラソーマはあの綺麗な107本のカラーボトルを見て選んでいくわけですが、エッセンシャルオイルを直感で選ぶとは、どういうことなんだろう?これは試してみなくては!とワクワクしました。

サロン「クラルテボーテ」は目黒のタワーマンションにありました。

まずハーブティーを頂きながら問診です。

カルテに自分の状態や希望を書き込み、セラピストさんがそれにあわせてコースを組み、提案していただけます。

話し合いの結果、私が試したのはアロマリーディングとニューロオリキュラ、レインドロップスの三つのメニュー。

これらにオプションで死海のフットバスが付いてきます。

一番楽しみにしていたアロマリーディング。

目の前に木のトレーに載せられた精油のボトルが大小取り混ぜてて3、40本はあったでしょうか。

「では、目を閉じて、気持ちを落ち着けたら目を開けて、"視線が合った"ボトルを左手で4つ、選び出してください♪(イヤ、こんなふざけた調子ではないけど・汗)」
セラピストさんが仰った言葉にまずびっくり。

"視線が合った"て。

…素直な私(爆)は言われたとおり、目を閉じ、深呼吸をしてから目を開きました。

すると目に飛び込んでくるボトルが一つ。

それを左手で取り出し、手元に置きます。

それからまたトレーに目を戻すとまた一つ、もう一つ、と確かに目に留まる、視線が合うとはこういうことか!と思いつつ4本、選び終えていました。
あっという間に。

選ばれたオイルはベチバー・ブラックペパー・コリアンダー・クラリセージ。

アロマは詳しくない私、どれも使ったことのないものばかりです。

選び出した順番にセラピストさんが解説してくださいました。

その3に続く~

-スピリチュアル

Copyright© Salon de fortuna , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.